脱毛ランキング1位のエステサロン

レーザー脱毛の仕組み

脱毛ランキングレーザー

医療機関と脱毛サロンの脱毛方法は若干異なります。

 

脱毛サロンは大きく光脱毛と呼ばれる脱毛で、光の熱によって毛根にダメージを与える方法です。

 

それに対し医療機関の場合、光とよく似たレーザーを使用して毛根の処理をしています。

 

これらの脱毛方法は仕組みがとてもよく似ているのですが、医療機関の方が出力が高く効果も出やすいのです。

 

では、これらの脱毛方法はどのような仕組みで毛根の処理を行っているのでしょうか。

 

医療機関のレーザー脱毛を例に見てみますと、レーザーを含む光は黒い色素に反応する性質を持っています。

 

つまり日本人の肌で言うとあざや黒子、そしてムダ毛です。

 

シェーバーで処理した肌にレーザーを照射すると、レーザーの熱はムダ毛部分に集中します。

 

そしてその熱は毛を伝わり、毛根に達します。これによって毛根の細胞が熱によって破壊され、ムダ毛の再生能力を失わせるのです。

 

レーザーで処理できるムダ毛は、成長期の毛だけです。

 

毛にはサイクルが存在しており、成長期と退行期と休止期を繰り返しています。

 

成長期の毛は最も毛根の細胞が活発で、毛根と細胞が強く結びついた状態になっています。

 

しかし退行期になると細胞の活動は一段落ついてしまい、毛根と細胞の繋がりが切れて毛が抜けやすい状態になります。

 

そして毛が抜けてからは休止期となり、次の毛が成長する為の準備に入るのです。

 

レーザー脱毛は毛根と細胞が結びついている状態でないと効果を発揮しません。

 

その為毛のサイクルに合わせて施術を行い、細胞に対してムダのない攻撃を行っているのです。

 

脱毛エステランキング1位TOP